利用しないのはもったいない!職業訓練のメリット

必ず職を手に入れたい人に知ってほしい!「職業訓練」の全てが分かる情報サイト

知らないと損!?就職したい全ての人におすすめしたい職業訓練

「誰でも受けられる」という割に、あまり知られていない職業訓練。 まず、どんな人であれば職業訓練を受けることができるのか、その条件をご紹介します。 第一条件として挙げられるのは、現在職に就いていないということ。この必須条件さえクリアしていれば、職業訓練を受けることができます。

あなたはどちらに当てはまる?職業訓練は2種類ある!

職業訓練には、実は2つの種類が存在しています。 それは、雇用保険を受給しているかどうかが関係してくるのです。 雇用保険を受けている人は「公共職業訓練」、受給できない人は「求職者支援訓練」という名称の職業訓練を受けることになります。 実際に修得できる内容は同じ。ここではこの違いを掘り下げてご紹介します。

お金をもらいながら学校に通える!?職業訓練にかかる費用とは

職業訓練の制度を利用するに当たり、最も気になるのがそれにかかる費用ですよね。 現在職に就いていないわけですから、専門学校のように多額の学費をつぎ込むことになってしまうのでは、本末転倒です。 実は職業訓練は、ある条件を満たしていれば、お金をもらいながら通うことができるのです。

職に就いていない人ならだれでも受けられる!

転職をするつもりで退職したのに、結果として現在まで職に就けていない。
また、子育てなどのブランクがあり、なかなか思うように職が見つからない。
そんな就職に関する悩みを持っている人は、意外と多いもの。

手当たり次第に就職活動をしても、専門知識が足りずに書類選考で落ちてしまう、というケースも少なくありません。

仕事探しでこうした思いをしたことがある人の中で、職業訓練を受けた経験がある人はどれくらいいるでしょうか。
実はあまり知られていない職業訓練という制度ですが、実はこれは職を探しているすべての人が受けることのできる権利を持っています。

これから先の長い人生、自分の手で切り開いていきたい。
そう願う人にこそ知っておいてほしい職業訓練についてご紹介します。

職業訓練とは、わかりやすく説明をすると「現在仕事についておらず、休職中の人に、専門知識を教えるための学校に通う制度」です。
職業訓練には様々な学校が存在しており、その内容は専門学校同等のものです。
にもかかわらず、職業訓練という制度で学校に通うと、驚くほど低価格で、専門知識を身に着けることができるのです。

これまで特に専門的な知識を要さない色ばかり転々としていたという人は、今後自分自身が長く働ける職場を見つけられる自信を無くしているかもしれません。
そんな人が今から専門学校に通って新たに知識を身に着けようとすると、相当な費用を要します。

それであれば、専門学校に通うのではなく、職業訓練の制度を利用して、興味のある分野を学ぶほうが、断然コスパが良く職への近道となるのです。