必ず職を手に入れたい人に知ってほしい!「職業訓練」の全てが分かる情報サイト

>

お金をもらいながら学校に通える!?職業訓練にかかる費用とは

実質テキスト代のみで受講できる!

公共職業訓練と、求職者支援訓練の2種類に分けられる職業訓練ですが、いずれも費用がほとんどかからずに制度を利用することができます。

とはいっても、学校に通うわけですから、そこそこのお金を用意しておく必要があるのでは?と思ってしまいますが、なんといずれも実質テキスト代のみで受講が可能なんです。

学校によって異なりますが、だいたいテキスト代は20,000円前後。
この費用さえ支払えば学校に通って専門知識を身に付けることができるなんて、まるで夢のような話ですよね!

ちなみに、テキスト代以外にも費用が発生する場合があるのですが、この内訳は職場見学などへ訪れる際の交通費。こうした費用は常識の範囲内ですので、テキスト代以外に膨大な費用が発生してしまうという心配はありません。

お金をもらいながら通うこともできる!

受講費用が安いというだけでなく、もう一つの驚くべきポイントは、お金をもらいながら受講することができるというところです。
もちろん、だれでもお金をもらいながら受講できるわけではありませんが、ある条件を満たしてさえいれば、なんと月に10万円もの支給を受けながら職業訓練を受けることができます。

その条件とは、まず雇用保険を受給できない求職者支援訓練の区分であるということ。そして自身の収入が月額8万以下であること。世帯収入が月額25万以下であること。それ以外にも、授業にすべて出席すること(やむを得ない場合には8割)などの条件が科せられます。

これらは厳しい条件のように思えますが、仮にすべてをクリアしているのであれば、受給されるべきお金です。知っておいて損はない知識として頭に入れておきましょう。


この記事をシェアする